スキンケアとエイジングケア!
  • HOME >
  • アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも起こ

アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも起こ

アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも起こることが少なくありませんから、お肌が弱い人用の入浴剤を使ったり、保湿成分がたくさん配合されているスキンケア用品で処理すると良いですね。また、軟水で顔を洗ったり、体を拭いたりすることも悪くありません。軟水には刺激がきつい成分があまり入っていないので、刺激に敏感なアトピーの人にはねがったり叶ったりなのです。肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、おまけにクリームも、ぐぐっと力の加減なしに塗りたくったりしてしまいます。


クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化指せるようなイメージで、指の腹を使って、優しく優しくを心がけるのがよいのだ沿うです。
兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、クルクル丸を描くように、それができたら完璧なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

肌のお手入れをしないと、どうなるかというと、多くの人は肌が衰えていくことをイメージすると考えますが、実は正反対で肌はゲンキを取り戻します。


化粧をするということは肌に悪影響を及ぼすので、それを全て取り払ってワセリンだけで肌をいたわってやるのが1番良いスキンケアだと言えます。
敏感肌の問題は、水分不足によることが殆どですが、自分に合わない化粧水であれば、悪影響を与えてしまいます。肌質に合致している低刺激の化粧品を用いて、保湿することが大切なんです。

ダブル洗顔は肌へのダメージが大きいので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、完璧に落とすようにして頂戴。
私は花粉症ですが、スギ花粉の時節がやってくると、肌が敏感になってその肌が荒れてきます。ですので、その時節にメイクを濃くすると一層悪化してしまうので、ナチュラルメイク(スキンケアをしっかりとしないと、なかなか厳しいものがありますね)で過ごすことにしています。

アイメイクだけでもやりたいなと思いますが、肌が過敏になっている為、目の周囲が余計に痒くなり、とてもじゃないけど出来ないのです。ケアしていても乾燥するという話をよく効きます。

もしかするとお手入れの「時間」に原因があるのかもしれませんよ。洗顔したばかりの肌や、湿気たっぷりの浴室から出たときの肌は、弾力があって充分な湿度があるでしょうよね。



ただ、本人が思っているより急速に乾燥スピードが上がっているんです。



乾燥やシワの危険は意外なところに潜んでいるのですね。


知らずに放置していると、年齢と共にシワや乾燥の影響が出てくるのは必至です。
上手く使えば絶好の保湿タイムである洗顔直後は、顔を拭いたら時間を置かずに低刺激で潤い効果の高い化粧水で保水ケアしましょう。



スキンケアには何と言っても保湿が一番大切なこととなります。
お風呂に入ると水分が肌からどんどん流れ落ちていきます。沿ういった乾燥を防止するために、化粧水、乳液を使った後に保湿クリームの使用を推薦します。保湿クリームを夜の間に使うと肌への潤いが朝までつづき、メイクのノリも良くなります。肌荒れの中でも、男女や年齢などに関わらず悩むのが多いのは、やはりニキビと言えると思います。ニキビと一括りで呼んでも、いくつかの種類があり、その原因も色々あるでしょう。しっかりニキビの原因を知った上で正しい治療方法を選ぶことがお肌に変えていくはじめの一歩なのです。



年をとったお肌へのケアには自分の肌質に合う化粧水、コスメを選択すべきだと思われます。色々と迷ってしまう場合は、店内の美容担当者に相談してみてもいい手段だと思います。

実際、自分だけだとあまりわからない時にはよく利用しています。この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについて真剣に気になるようになりました。中でもつくづく困り果てているのが目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。



大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、こまめなスキンケアを行うようにしている部分なのですが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。

そこで、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿にはとにかく気を使うことを常に考えているのです。

関連記事はコチラ

メニュー